看護師と知り合いたい、お勧めのイベントは?

看護師の人と知り合いたい人はいますが、普段の生活ではなかなか出会う事ができないのなら、看護師の人が多く集まる場所に出向くといいでしょう。そこでお勧めの婚活方法を紹介します。

・パーティーパーティー
パーティパーティーには医療関係の仕事をしている人が多く参加しています。その事から看護師がイベントに出席する可能性が高いのです。パーティパーティーはほぼ毎日、平日の昼間から土日まで婚活イベントをしています。

・シャンクレール
シャンクレールなら看護師限定の婚活イベントを開いています。男性の参加条件には一人参加が条件という項目もあります。それをクリアすれば参加できるので、大卒以上でないといけないとか、収入も関係ないです。看護師は収入が高い事もあり、男性の稼ぎが良くなくてもあまり気にしない人もいます。

・婚活パーティーが現実的
看護師と知り合うためには自分が怪我や病気をしてクリニックに通院して、その病院の看護師と仲良くなる方法もあります。しかし、現実的には看護師からしたら患者はあくまでも患者にすぎないので、それから色恋に発展する事は少ないです。ですから、職場以外で男性と出会う方が看護師もパートナーとしてその事を見る事が多いです。婚活パーティーを上手く使い看護師さんと知り合いましょう。

引っ込み思案のための婚活

私は結婚して6年になる主婦です。32歳の時、付き合って半年で結婚しました。今では5歳と1歳の2児の母です。私の婚活は遅めで31歳の時でした。内気な性格で恋愛経験もほぼ無かったです。

まずは、周りの人に“自分が結婚したがっている事を知ってもらう事”から始めました。仲の良い友達や親しい職場の人に「いい人がいたら紹介して」と言って待ちます。私にとってはかなり勇気がいる行動でした。

親しい人に頼むと真剣に考えて、ちゃんとした人を紹介してくれるので良いです。あとは自分に合うかどうかですので、お付き合いをするなどして、何回も会わないと分からないと思います。主人とは職場結婚でしたが、それまで話したことがなく、親しくしていた同僚を介して食事に行った事がきっかけで、お付き合いし、結婚しました。

私の婚活は、結婚をゴールだと決めず、”これから先の自分の人生を共に歩んで行ってくれる人を選ぶ事“でした。主人はバツイチだったし、周りには良く言わない人もいましたが、周りの人の言うことを信用しすぎない事も大切だと思います。誰でも欠点もあれば長所もあるのですから。

「この人となら、自分に無い所を補い合って楽しい家庭を築いていけるかな」と心から思えるような人を選んで下さいね。

自分らしく婚活!趣味の場所がおすすめな理由

婚活がブームを越えて当たり前になり、結婚への意欲が高まっているのが伺えます。一方で、婚活疲れという言葉も飛び交うようになり…婚活が楽しいだけのものではないことも浮き彫りになってきました。婚活がなぜ疲れるかというと、誰もが焦り、身構えているからです。

自分をよく見せるために、普段はしないお洒落をしたり、自己紹介では履歴書のようなプロフィールを相手に教えたり、婚活パーティーともなると、周りの同性に負けないようにとライバル意識も沸きます。本来なら男女が自然にひかれ合い、のちに恋愛→結婚へと発展していくはずですが、その過程を飛ばし、いきなり結婚を意識したやり取りになるため、やはり「失敗できない!」と肩に力が入ってしまうんです。

そんな状況で得た出会いは、お互いに自分を飾り続けたり、理想の押し付け合いになったりと、長続きもしにくいのが現状です。自然に、飾らない関係を求めるのであれば、おすすめは自分の趣味の場所です。音楽教室や書道、絵画などのカルチャースクールや、趣味のオフ会、スポーツクラブなどは、好きなことを楽しんでいるいつもの自分で、同じ趣味を持った人と出会える場所。会話も弾みやすく、お付き合いになってからも楽しいのがポイントです。婚活に疲れたけれど、やはり出会いが欲しい!そんな方は、のびのび楽しめる趣味の場で、思わぬ出会いがあるかもしれません。